レンダリング事業

レンダリングは、アメリカの食肉加工業からきた言葉で、脂肪を溶かし精製して油脂にするという意味です。牛・豚・鶏の食用とならない部位(以下 不可食部位)は、レンダリング処理が行われます。これらの不可食部位は、適切な処理を行うことによって、飼料や畑の肥料または燃料や工業原料として再利用されます。

油脂再資源化事業

国内食用油の年間消費量は約234万tで、廃食用油の年間発生量は全体で約52~54万tと推定されます。事業所から発生した廃食用油は、飼料用をはじめ、工業用・燃料用と多岐用途に再利用されます。当社では、廃食用油を各事業所から定期回収し、中間処理施設で各用途にブレンド・精製しています。

詳しくはこちら

03-3375-2628受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら